マインド

アファメーションでまわりとは、ちがう次元に行く|松田豊のマインド

投稿日:

今回も松田豊氏の

「アファメーションでお金の問題と人間関係改善を半年以内に成功させる思考方法」

という動画を見て、学びました。

 

アファメーションは、うさんくさいと思われるかもしれませんが、

うさんくさいと思っているから、いつまでも現状を脱せないのです。

 

不思議な力を信じましょう。

私は、日々学んでいます……

アファメーションとは

アファメーションとは、簡単に言うと自分自身への問いかけです。
詳しく言うと、潜在意識に働きかける行為です。

 

 

アファメーションをやるとどういう事が起こるのか?
それは自分の内なる考えを変えることができるので、

思考をいい方向に向かわせる結果となって、これまでと違う自分になる事ができます。

 

 

この不思議な力を日々の生活に取り入れると、

少しづつ脳が変わっていき、個人でゆっくりのんびりできる生活を引き寄せることができる!

アファメーションのルール

アファメーションには、決まりがあると言います。
このルールを守らないと、意味をなさないことをする事になるので注意が必要です。

 

 

では、ルールとは何か?

1.自分自身の事を『私』と呼ぶ
アファメーションは、他人の事に対するモノではないので、自分自身の事にフォーカスして『私』と呼ぶ。

 

2.肯定的な言葉を使う
潜在意識は、否定、肯定的な言葉を区別できないとのこと、なので、肯定的な言葉を使うようにすれば、潜在意識はそこだけを拾うので、そこを利用する。

 

3.現在形、過去形を使う『断言する』
~なりました。~でした。という断言する言葉を使うようにしたら、あたかも自分がそうなったかのような勘違いをするので、そこを利用する。

 

この3つのルールをしっかり守て、やる事で結果が変わってくる。
日頃から意識してみよう。

毎日アファメーションを行う

実際にアファメーションを日常生活に取り入れる為に、今実際にやってみる。

 

 

1.私は、家族をパソコン1台で、養っています。

 

2.私は、感謝される事を、やって富を得ています。

 

3.私の周りには、いつも幸せがたくさんあります。

 

4.私は、メンターから富の周波数を得ています。

 

こうして書いたら、何か恥ずかしい気持ちになりますが、新鮮な気分にもなれます。

こういった不思議なことをやると、脳が元気になる事が体感できます。

 

アファメーションを取り入れるためには、日常生活の言葉遣いも大切になると、松田豊氏はおっしゃっていました。

 

『バラエティー番組などで、気分が良くない言葉を使う人が増えている、
それをマネして一般人が日頃からよくない言葉を使う。その人はアファメーションの力により、負のスパイラルに陥っていく』

と言われていて、本当に気を付けなければならないことだと、感じました。

 

知らず知らずのうちに、自分自身を底に追いやっている……
怖いですよね。

 

 

しかし、松田豊氏の教えがあるので、こういった情報もはいってくる。
とてもありがたい事です。

さいごに

やはり不思議なことを信じて、習慣化すると、普通の人と思考が変わってくる。
このことを大切にすると、私の人生が、私の思うような道になる。

 

今日も、瞑想をしてこの記事を書いている。

継続は、私を信じられない所まで連れて行ってくれるでしょう。

 

ありがとうございました。

-マインド

Copyright© 見えない世界 , 2018 All Rights Reserved.